FC2ブログ
2月27日
ここ数日の穏やかな天気からうって変わって
一気に真冬に戻ってしまったかのような肌寒さ。
多少日照はあるものの風が冷たくかなり寒い。

今日から夏野菜の種まきをガンガン開始、といっても
直接畑に播くわけではないのでこじんまりと作業場での作業。

まずはピーマン類。
師匠の林さんによるとピーマン系が一番時間がかかるので
他のなすやトマトよりまず先に播くのだそうだ。

本日播いたのは
京波(ピーマン)  96本
エース(ピーマン) 64本
伏見甘長(ししとう)80本
日光とうがらし   16本
(どれもすべて128穴のセルトレイを使用)

ちょっと多めのような気もするが足りなくなるのも困るので
余れば苗自体をマーケットで配るか売るかすればいいだろう。

午後からは老人ホームの給食用野菜の打ち合わせ
仕組みづくりからの取り組みなので先方も含めまだまだ試行錯誤。
いわゆる産みの苦しみというものだろうか。
夕方過ぎまで目いっぱい時間が掛かってしまった。
スポンサーサイト



2012.02.28 / Top↑
2月26日
ここ数日は穏やかな日が続く。
こんな日は畑に出て、終わった野菜の片づけや葉物の種まきを
ガンガン進めたいのだけれど、もうあと数日で3月。。。

というわけで優先順位の第1位は「夏野菜の種まき」
そのためにまず温床の仕上げを済ませる。
一部を区切って先行分のエリアは踏み込み済みだったけど
残りの果菜類を並べるエリアの踏み込みはまだ手つかず。

先行分に比べてかなり水分を多めにしたので発酵もうまく進むだろう。
落ち葉の量がぎりぎりだったので先行分のエリアの高さより
幾分低くなってしまったが最低限の厚みはとれたと思う。

発酵がうまく始まれば数日で温度が上がってくるので
温度計を設置して細かく監視することにする。
先行分はちょっと水分が少なめだったのだろうか
思ったほど温度が上がっていない様子。
それでも夜間でも15℃近くは確保できているので今のところ
生育には問題なさそう。ただ少し徒長気味。

オレンジ美星を128セルx1トレイ播種。6月あたりのセットに入れる予定。
軟白栽培しなくてよいカリフラワーでつぼみの部分がオレンジできれいなので
前から気になっていた。生食もできるようなのでうまくできて欲しい。


2012.02.28 / Top↑